この世に存在するほとんどの色は三原色で作れる!

無数にある光の色のうち、「赤(Red)」「緑(Green)」「青(Blue)」の3つの色を、目に見える光の中での基本となる「光の三原色」と呼んでいます。

わずかこの3つの色の配合比率を変えることで、この世に存在するほとんどすべての色を作り出すことができるんです!

ディスプレイに表示するための色を作るには、3つの色の明るさを変化させます。コンピューター上で処理するため1つの画素はそれぞれ8ビットで表し、3色を組み合わせると、256×256×256=【約16,777,216色】となります。「フルカラー」という場合は、この約1,670万色のことを言います。

関連記事

  1. LEDビジョンの特徴は?

  2. 映画広告【シネアド】のメリットとは?

  3. 「デジタルサイネージ」の導入メリットって?

  4. 1日から放映OK!全国のデジタルサイネージ

  5. ビジョン広告に出稿しませんか

    「デジタルサイネージ」による空間演出・空間デザイン

  6. 「デジタルサイネージ」導入前に確認しておきたいこと